合宿免許を充実させるのに役立つ持ち物とは

暇を持て余さないようにしよう

運転免許を合宿で取ろうと気合を入れていると期間中は教習と自主学習でいっぱいになると考えてしまうかもしれません。しかし、実際には教習を受けている時間と同じくらい空き時間もあり、朝や夜には自由な時間もたくさんあります。全て勉強に費やす必要があるという人はあまり多くはありません。暇になってしまった時間を持て余してしまわないように準備を整えていきましょう。

とりあえずはどこでもできる遊び道具を持っていくのが良い方法です。スマホでゲームアプリをしたり、SNSを読んだり投稿していたりすれば十分という人もいるでしょう。想定していた以上にスマホを使っていられる時間が長い場合が多いので、充電器や予備のバッテリーを持参しておくのが賢明です。また、本や雑誌などを持ってきて読んだり、パズルゲームブックなどを楽しんだりするのも良い方法で、数十分はまとめて時間を潰せるものを選ぶのが良いでしょう。特に教習を受けて一時限だけ空き時間があり、また次の教習を受けるというときには時間を持て余してしまいがちです。このような隙間時間にさっと始められていつでも中断できるものが理想的でしょう。

教習所の宿舎なら準備しておきたいもの

合宿免許では宿泊先がプランによって異なります。近くのホテルに泊まるプランもあれば、教習所が用意している宿舎に安く泊まれるプランもあるのです。ホテルの場合には旅行のような感覚で着替えさえ持っていれば特に問題はありません。しかし、宿舎を利用する場合にはホテルのように何でも揃っているわけではないので気をつけましょう。寝間着やタオルを持ち物リストに入れておくのはまず肝心で、大抵は備え付けのものがありません。歯ブラシやドライヤーなどもない場合が多いので持っていくようにしましょう。洗濯機がある宿舎もよくありますが、洗剤を持参しなければならないこともあります。洗剤は備え付けがあっても洗濯バサミや物干しなどは自前で準備する必要があることも珍しくありません。

宿舎の場合には相部屋を希望できることもあります。相部屋の場合にはあまり相性の良くないルームメイトになってしまうことも想定しておきましょう。いびきがうるさくて眠れないという場合を考えて耳栓を用意し、逆に自分のいびきで迷惑をかけてしまうのを防ぐためにいびき防止グッズを調達しておくのは賢い方法です。また、スマホの充電やパソコンの使用などで朝や夜にはコンセントの数が足りなくなる場合が多いため、電源タップや延長コードなどを持っていくと役に立ちます。

投稿日:
カテゴリー: 未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です