合宿免許と通学免許の違いを徹底解説!

合宿免許のメリット・デメリット

合宿免許とは、遠方にある教習所に入所し、寮やホテルなど用意された宿泊施設に寝泊まりしながら卒業まで通うというものです。ただし、合宿免許を修了すれば免許がとれるわけではありません。免許を取得するには、教習所を卒業したあとに免許取得センターか試験場で試験を受けて合格する必要があります。合宿免許を利用する最大のメリットは、次の2点です。
・教習所を卒業するまでの期間が短い
・費用が安い
卒業するまでにかかる期間は、2~3週間程度です。これは、合宿免許ではあらかじめ教習生のスケジュールが無駄なく組まれており、効率的に教習を進められるためです。

合宿免許の費用は、25万円程度が相場でしょう。ただし、繁忙期には30万円近くになることもありますし、閑散期には20万円近くまで下がることもあります。料金はプランや時期によって大きく変動しますので、注意が必要です。なお、合宿免許の費用には、教習料金だけでなく宿泊代金や現地での食事、現地までの交通費の補助などが含まれます。

デメリットとしては、次の2点が挙げられるでしょう。
・2~3週間のまとまった時間が必要
・運転に不向きな場合、ついていくのが難しいことがある
短期集中で教習所を卒業できるのが合宿免許の利点ですが、社会人のようにまとまった休みが取れない人は参加することはできません。また、合宿免許ではすでに教習の予定が組まれており、どんどん進めていかなければなりません。運転技術がなかなか習得できない人は、検定に合格できずにひとりだけ取り残されるといったことが起こる可能性があります。

まとまった休みがとれる人で、できるだけ早く免許を取得したいのであれば、合宿免許が向いているでしょう。ただし、運転技術をスムーズに習得できる自信がない人、じっくり自分のペースで教習を進めたい人にはあまり向いていません。

通学免許のメリット・デメリット

通学免許とは、自宅から通える範囲にある教習所に入所し、都合のいい時間の予約をとって教習を受けていくというものです。合宿免許と同じように、卒業後は運転免許センターや試験所で試験を受けて合格する必要があります。通学教習を利用するメリットとしては、次の点が挙げられるでしょう。
・まとまった休みがなくても、自分の予定に合わせて通える
・自分のペースでじっくり学べる
教習所に通学する場合、教習スケジュールを確認して都合のよい時間を予約して通います。そのため、予定が空いている日時に教習を入れられ、学業やバイト、仕事などとの両立が可能です。また、教習スケジュールが組まれているわけでなはないため、焦らず自分のペースで教習を進めていけることもメリットでしょう。

デメリットとしては、次の点が挙げられます。
・卒業までに時間がかかる
・時期によってはなかなか予約がとれないことがある
通学教習は、開いた時間に教習を受けて少しずつ進めていくという方法です。そのため、既定の教習をすべて修了するまでに時間がかかります。早くても1カ月、一般的には2~3カ月程度はかかるでしょう。仕事が忙しいなどの理由でなかなか通えない場合、入所から卒業まで半年以上かかることもあります。また、教習生が多い時期は枠がすぐに埋まってしまい、なかなか予約がとれないということもあります。その結果、卒業までの期間が長引くことも珍しくありません。

通学教習は、まとまった休みを取るのが難しい人、自分のペースで運転に慣れていきたい人などに向いているでしょう。

投稿日:
カテゴリー: 未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です