合宿免許で取れる自動車免許の種類は?

第1種運転免許(特殊自動車以外)

普通自動車免許
合宿免許で取れる自動車免許で、多くの人が取る免許が普通自動車免許です。
普通自動車免許の車両の範囲が道路交通法の改正により変わったことをご存知ですか?
以前は、車両総重量5トン未満、最大積載量3トン、乗車定員10人以下までの車を運転することができました。引っ越しでよく使われる2トントラックは普通自動車免許で運転することができました。
2017年の道路交通法改正で、普通自動車免許で運転できるのが車両総重量3.5トン未満、最大積載量2トン未満、乗車定員10人以下(ここは変更なし)の車に制限されたので、2トントラックを運転することができなくなりました。
2トントラックを運転するためには、新しく設けられた準中型免許(2トン以上4.5トン未満)を取る必要があります。
なお、普通自動車免許には、オートマチック車限定の免許(AT限定免許)と、オートマチック車、マニュアル車を運転できる免許があります。

中型自動車免許
車両総重量が7.5トン以上11トン未満、最大積載量が4.5トン以上6.5トン未満、乗車定員が11人以上29人以下の自動車を運転するための免許です。4トントラックや6トントラック、マイクロバスが該当します。

大型自動車免許
車両総重量が11トン以上、最大積載量が6.5トン以上、乗車定員が30人以上の自動車を運転するための免許です。大型トラック、トレーラー、バスなどが該当します。

大型自動二輪車免許
エンジンの総排気量が400ccを超える二輪の自動車を運転するための免許です。オートマチック車限定免許があります。

普通自動二輪車免許
エンジンの総排気量が50ccを超え400cc以下の二輪の自動車を運転するための免許です。大型自動二輪車免許と同じく、オートマチック車限定の免許もあります。

特殊自動車免許

大型特殊自動車免許
作業ができる機械を取り付けた特殊で大型の車両を公道で運転することができる免許です。クレーン車、ブルドーザー、ショベルカー、ロードローラー、除雪車、路面清掃車などがこれにあたります。

小型特殊自動車免許
工場内でフォークリフトなどを運転したり、畑などでトラクターやコンバインなどを運転するための免許です。

けん引免許
普通自動車、中型自動車、大型自動車、大型特殊自動車が、車両総重量750キログラム以上の車両をけん引する場合に、それぞれの免許の他に必要な免許です。

第2種運転免許

普通2種免許
タクシーの運転や代行運転のように、普通車で旅客を運ぶ場合に必要な免許です。

中型2種免許
マイクロバスやミニバスなど11人~29人以下の人数の旅客を乗せて走るための免許です。人を乗せて運び運賃をもらう業種が対象です。人ではなく荷物を運ぶのであればこの免許は不要です。人を運ぶマイクロバスでも、幼稚園などの送迎バスは運賃をもらっていないのでこの免許は不要です。

大型2種免許
路線バスや観光バスなど30人以上の人を乗せて運び、運賃をもらう場合に必要な免許です。

投稿日:
カテゴリー: 未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です