運転免許にはどんな種類があるの?

第1種運転免許って?

運転免許には、第1種運転免許・第2種運転免許・仮運転免許の3つの区分があります。第1種運転免許とは、営利目的で運転するわけではない一般の方が、普通自動車などを運転する際に必要になる免許のことです。第1種運転免許の中には、普通免許・準中型免許・中型免許・大型免許・原付免許・普通自動二輪免許・大型自動二輪免許・小型特殊免許・大型特殊免許・けん引免許の10種類があります。 どの免許を取得するかによって、どの車両を運転できるかが変わってきますので注意が必要です。普通免許を取得すると、普通自動車の他に原付と小型特殊車両を運転することができます。準中型免許を取ると、準中型自動車・普通自動車・原付・小型特殊車両を運転でき、中型免許を取得すると、中型自動車・準中型自動車・普通自動車・原付・小型特殊車両を運転することが可能になります。 大型免許が一番運転できる車両の数が多く、大型自動車に加えて中型自動車・準中型自動車・普通自動車・原付・小型特殊車両を運転することができます。原付免許はその名の通り、原付自動車以外運転することができません。そのため原付免許を持っているだけでは高速道路を走行することはできないということになります。普通自動二輪免許は普通自動二輪車と、原付、小型特殊車両の運転をすることが認められており、大型自動二輪免許はそれらに加えて大型自動二輪車を運転することが認められています。 大型特殊免許と小型特殊免許は少々特殊になっていて、小型特殊免許では小型特殊車両しか運転することができません。一方で大型特殊免許は大型特殊車両と小型特殊車両に加えて原付も運転することができます。また、けん引免許とは車両総重量が750キログラムを超える車をけん引する際に必要となる免許です。車両総重量が750キログラム以下なら、けん引免許なくけん引することができるので注意しましょう。

第2種運転免許と仮運転免許は何のために必要?

第2種運転免許はタクシーやバスなど、営利目的で他人を乗せて走行する際に必要となる運転免許です。注意しなければならないことは、第2種運転免許はすぐに取得することができないという点です。他人の命を預かるわけですから、取得のための条件は厳しくなっており、第1種運転免許を取得してから3年が経過しないと取得することができません。仮運転免許は、一般道で練習をしたり試験を受けたりする上で必要になる免許です。そのため第1種運転免許と第2種運転免許を取得する過程で取得することになります。

どの免許を取得すれば良いのかよく考えよう

どの免許を取得するかによってどの車両を運転できるかが変わってきます。そのため、自分にとって必要な免許が一体どの免許なのかをしっかりと考えてから免許を取得するようにしましょう。

Copyrightc 2018 Buble color company All Rights Reserved.